必要書類について

必要書類について


自分の愛車を中古車買取に出すときには、少しでも高く価値のある車として査定をしてもらいたいものです。
車種、クラス、年式、走行距離など査定の基準はいろいろありますが、同じ年式や走行距離の車であっても、個々の車の状態によって査定額は変わってきます。
汚れているよりはきれいに使ってある車の方が査定額は高くなりますし、人気の車種化そうでないかによっても変わってきます。
またその地域独特の人気の車種というものもあるので、査定をしてくれる中古車買取業者によって変わってきます。
そんな中でも少しでも高く買い取ってもらうためには、複数の業者に査定をしてもらい、比較して少しでも高い価値を付けてくれるところを選ぶといいでしょう。
さてそのように査定をして納得し、中古車買取を決めたら、いくつかの必要書類を準備しなければなりません。
中古車買取に必要な書類は、「車検証」「自動車納税証明書」「印鑑証明書」「自賠責保険証」「リサイクル券」「委任状」「譲渡証明書」そして「住民票」です。
車検証は常時車で携帯をしておくことが義務付けられているのですが、もし紛失した場合は運輸支局で再発行が可能です。
自動車納税所は毎年5月までに納める自動車税で、車検を受けるときに必要なものです。
これも紛失した場合は各都道府県の税事務所、軽自動車の場合は市町村で再発行をしてもらいます。
「印鑑証明書」は3カ月以内に発行されたものが必要です。
自賠責保険証は車検の時に次回の車検時までの加入手続きを行っている強制加入の保険です。
その加入証明書が必要となりますが、紛失したときは保険会社に再発行をしてもらいます。
「リサイクル券」は自動車リサイクル料金を預託している場合は、それを証明する券が必要になってきます。
「自動車リサイクル料金の預託状況」を自動車リサイクルシステムホームページからプリントアウトをすると代替としても使えます。
「委任状」は名義変更の手続きを買取店に任せるときに必要になってきます。
委任状の用紙はお店にあり、実印の押印が必要になってきます。
「譲渡証明書」は車を譲渡することを証明するものです。
委任状と同じく用紙はお店にもあり、実印が必要になってきます。
「住民票」は引越しのために、車検証や印鑑証明書の住所が違うときに必要になるものです。
引越ししたときに車検証も住所変更をしていると住民票を用意する必要はありません。
これらの必要書類に実印を用意して中古車買取をしてもらいます。

 

 

 

Copyright© 2014 中古車のいろんな車種の買い取り All Rights Reserved.