必要な書類とは

必要な書類とは


自分の愛車を売ろうとした場合、査定だけならば特に必要な物は有りませんが、中古車買取を依頼する場合、必要な書類がいくつか有ります。
中古車買取を依頼する場合の、一般的に必要となる書類について記載させていただきたいと思いますが、車の種類や状態によっては、手続きが異なる場合がありますので、中古車販売店に一度ご確認していただくと良いのではないかと思います。
普通自動車の場合には、基本的には7つのものが必要になります。
1つ目は自動車検査証、つまり車検証です。現住所と氏名をご確認ください。
2つ目は印鑑登録証明書です。発行後3ヶ月以内のものが有効であることが多いですが、中には1ヵ月以内のものとしているところも有りますので、注意が必要となります。
3つ目は自賠責保険証明書です。もし無くしてしまったり、期限が切れてしまっている場合には売却することは出来ませんので、紛失してしまった場合には保険会社に再発行を依頼するようにしましょう。この場合には免許証などの本人確認できるものが必要になります。
4つ目は自動車納税証明書です。有効期限を確認するようにしましょう。
5つ目は実印です。
6つ目はリサイクル券です。これは預託済みの場合となります。
7つ目は、中古車買取店によりますが、振込口座が分かるようにメモなどを準備する必要があります。
また、注意するポイントとしては、自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合には、必要な書類が増えます。
もし、住所変更が一度あった場合には住民票、住所変更が複数回あった場合には戸籍の附票または住民票の除票、結婚などにより姓が変わっている場合には戸籍謄本が必要になります。
また、中古車買取において必要なものに譲渡証明書や委任状というものも有りますが、こちらは基本的には店舗で準備していただけることが多いものになります。
軽自動車の場合の必要書類は6つとなります。
1つ目は自動車検査証です。普通自動車の時同様、現住所と氏名の確認をするようにしましょう。
2つ目は自賠責保険証明書です。
3つ目は軽自動車納税証明書です。有効期限の確認を忘れないようにお願い致します。
4つ目は印鑑です。
5つ目はリサイクル券です。これは預託済みの場合になります。
6つ目は、中古車買取店にも寄りますが、振込口座が分かるようにメモなどを準備する必要がある場合があります。
これ以外に必要なものに、自動車検査証記入申請書というものが必要になりますが、基本的には店舗で準備していただけるものになります。
これらのようにいくつかのものが必要になりますので、不足がないように準備をするようにしましょう。
また、普通自動車の場合、次の車を買おうと決めている場合には、中古車買取依頼用の印鑑登録証明書を取りに行く際、2枚準備しておくと、再び役所に行く手間が省けるので、おすすめです。

Copyright© 2014 中古車のいろんな車種の買い取り All Rights Reserved.