法改正について

中古車買取に関する法改正について

中古車買取とは、中古車を取り扱う業者が自動車のオーナーから直接買取を行うサービスの一種で、中古車市場で取り扱う中古車の主な仕入れ方法の一つです。他には自動車ディーラーで新車を購入する場合に下取りをする場合に中古車が一台中古車市場に入ります。しかし価値の高い車の買取については中古車を取り扱う業者の直接の中古車買取によって扱われることが多くなっています。そのため角業者ごとにそれぞれ画期的な買取サービスを提供してきた経緯があります。
中古車買取の方法としては訪問査定や訪問買取が人気を集めていました。売り手側が自動車を持ち込んで査定を受ける必要がなく、買取業者が自宅まで出張してくれる上に無料で査定を行ってくれるというのがこのサービスの特徴です。このサービスは車を売りたいと考えている人が電話やインターネット上で見積りを希望するだけで簡単に行うことができ、高い人気を誇っていました。
しかしこの種類のサービスに関しては法改正により規制がかけられることになりました。このような訪問による買取契約というのが現実的には実行困難になると考えられているのです。このような訪問契約を規制する法律の名前は特定商取引法と呼ばれる法律で、その一部改正が行われます。現在でも中古車を取り扱う業者は無数にあるのですが、それらすべての業者が構築してきた一括見積りの仕組みなども見直しを迫られることになります。このような規制を受けることになった背景には非常にトラブルが多いという現実がありました。実際にお客様のところに出向いて商品を取り扱う営業スタイルでクレームになるというものを考えると、かつては押し売りというものがありました。このケースはその反対側で押し買いとも呼ばれています。このような問題が発生する原因としては過剰な相見積りによる競争の激化であり、見積りをした場合にはなんとかその場で商談を成立させようと多少強引な契約に走ってしまうこともあったのです。そのために発生したトラブルが多く、今回規制の対象となりました。
この法改正により、中古車買取は次の様な規制を受けることになります。まず第一に買取業者は出張査定の訪問再起現場で買取の勧誘をしてはならない。そして勧誘は再度別の機会に約束を取って訪問するが、客が断った場合は1年間不可であること。また契約が成立してもクーリングオフが適用されることも盛り込まれています。これらの規制により、出張査定から契約という流れが非常に難しくなります。

Copyright© 2014 中古車のいろんな車種の買い取り All Rights Reserved.